事業計画・報告

平成29年度事業計画

1.事業

  • 「総会」は定例とする。
  • 毎月1回を「定例会」とする。企画により変更することがある。
  • 「役員会及び受発注検討会」は必要に応じ、随時開催する。
  • その他必要に応じ、会長が招集する。

 

2.活動内容

  • ホームページ活用による開発案件の受注を目指す。
  • 地方企業の開発意欲にも応えるため、事業交流を推進する。
  • 新規開発案件に対し留保金を有効活用し、積極的に試作等の対応をする。
  • 会員提案による新規開発案件の創造を奨励する。
  • 継続案件の商品化を進める。
  • その他目的達成のために必要な事項は、随時積極的に取り入れていく。

平成28年度事業報告

1.事業概要

平成17年度の発足以来、12年目に入った「メイドイン大田」は新しい技術開発と連携活動に取り組みました。

技術開発は新たな事業を始めるとともに関係者との交流を行いました。大田工業フェアの「ものつくり祭おおた」への出展、広島での共同受発注に関する交流会に参加しました。受注案件は、継続3件は全て終了しました。会員は昨年と変わらず13名です。

 

2.受注・相談状況

  1. 新事業連携チャレンジ助成に提案申請しましたが、不採用となるものの、関連企業との共同事業は進行しています。
  2. 受発注状況は、27年度からの継続案件3件は全て終了。
  3. 大田工業フェア「ものつくり祭おおた」に出展、名刺交換、技術情報交換を行いました。

 

3.交流会

  1. 広島県ひろしま産業振興機構のヤマトプロジェクト(共同受発注グループ)からの講演依頼があり、6月15日に会員1名が参加発表交流しました。
  2. 新事業研究開発では、関連企業2社から業界の講演を実施しました。
  3. マーケティング関連企業による会社のデザインについての講演を受講

 

4.活動内容

  1. 諸会議の開催
    • 定例総会:平成28年4月21日(木) PIO交流室
    • 定例会は第3木曜日、受発注情報や製品開発情報、ネットワークの活動について意見交換会をしました。
  2. 行事と参加
  • 忘年会:12月15日(木)大森駅東口商店会会員「タニヤ」にて開催

以上

メイドイン大田パンフ2016.pdf
PDFファイル 829.3 KB